アパート感覚の老人ホーム 実態

より利用し易いタイプの老人ホームとして

アパート感覚の老人ホームは実際に増えていると思います。介護が必要でないが老人向けの集合住宅というタイプがアパート感覚の老人ホームといえます。普通のアパート、マンションなどの集合住宅と違うのはやはりヘルパーや看護師などが常駐してなくても助けてくれるシステムがあるという状態であるというところです。

 

日常はほとんど独力で生活できていてもちょっとしたことを部分的に手伝ってもらえたり、具合が歩いときに看護師が対応してくれればかなり心強いと感じます。アパート感覚なのであくまで個人宅のように過ごしていて、声かけの訪問などがあったり、健康診断やイベントなどもあり社会とつながるようになっているというところもあればいいと思います。

 

こういった従来の世話をしてもらうのが基本の老人ホームから自立が基本のアパート感覚の老人ホームが増えていくと思いますし、また増えていってほしいと思います。できるだけ従来の生活を維持できるというのは介護を必要とする老人を減らすことができるのではないでしょうか。

 

高齢化社会というと寝たきりの老人が増えて介護する人が足りなくて困るといったイメージをもたれるかもしれませんが、どちらかというとっ自立している老人が増える割合のほうが多いというのが実際ではないでしょうか。できるだけ自立というのはアパートやマンションんなどにも機能的にも工夫がされているとより暮らしやすく安心です。

 

トイレや風呂の形状や使い勝手など老人でも安全に使える設計が求められます。キッチンの老人向けでなくてもいろんか機能がありますが、調理のしやすさ、火の気し忘れなどのうっかりをカバーしてくれるようなものがあればいいと思います。

 

今までは老人ホームというと少しあきらめと仕方なさを感じなが入居するといった方も多かったかもしれませんがアパート感覚の老人ホームならまた新しい人生のステージとしての住処として入居を考えられるのではないでしょうか。